異業種交流会 東京ビジネス交流会
異業種交流会 東京ビジネス交流会 会則・細則
異業種交流会 東京ビジネス交流会 会則
第1条 名称
  本会は、東京ビジネス交流会と称する。

第2条 目的
1. 自主運営
東京ビジネス交流会は、何処の上部団体にも属さず、自主運営により会員企業の営々発展を目指す。
2. 情報交換及び自己啓発
東京ビジネス交流会は、会員相互による自発的な情報交換を行い、親睦を図ると共に会員相互による自己啓発を行う。

第3条 会員資格
1. 本会運営理念への賛同
会則第2条の目的に対して賛同し、本会の維持・発展に積極的に協力すること。
2. 会員の承認
本会員は世話人会での承認をもって会員とする。
3. 会員登録人数
会員登録にあたり、本会の会員として氏名登録できるのは、1企業2名以内とする。
4. 会員資格
4-1)会員は、概ね東京都内で開催する定例会に参加可能であること。
4-2)会員本人が企業経営者、会社役員、または役員に準ずるものであること。
4-3)当会への所属経験があり延べ5年以上在籍し世話人経験のある方で、
  上記の会員資格を有さないが、世話人会で特別に承認された場合。
5. 会員資格の喪失
会員は、以下の場合、その資格を喪失する。
5-1)本人からの申し出があった場合。
5-2)世話人会で、資格喪失と決議した場合。

第4条 会員の義務
  この会は、自主運営のため会員は運営協力および会費は年度内に納入しなければならない。

第5条 会則の適用範囲
  本会則は、「東京ビジネス交流会」の組織活動および前3条にて承認された会員の組織活動及び「東京ビジネス交流会」会員としての組織外活動に適用する。

第6条 定例会
  本会は、第2条の目的を達成するため、原則月1回の定例会を開催する。

第7条 総会
1. 定期総会
定例会のうち、4月度を定期総会とする。
2. 臨時総会
世話人会が、緊急的な重要課題と決議した場合、定例会を臨時総会にあてるか別途
臨時総会を開催する事が出来る。

第8条 組織構成
1. 世話人会
本会は、立案・審議機関として、世話人会をおく。
2. 世話人
世話人会は総会で選出された若干名の世話人で構成され、世話人は会員の意見を尊重しなければならない。
3. 代表
本会を代表する者は、議長とする。議長は定例会ごとに選出する。

第9条 会計
1. 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日とし、会計年度終了後の定期総会にて収支報告を行う。
2. 会の運営全てを勘案して会費に関する金額・納入方法等は、細則において定めることとする。
3. 本会においては年1回以上の会計監査を行うものとし、詳細は細則において定めることとする。

第10条 会則・細則の改訂
1. 会則の改訂は、世話人会が発議し、総会で決議する。
会員からの改定要請があった場合、世話人会で決議した後総会に諮る。
2. 細則の改定は、会員若しくは世話人会員が発議し、世話人会で決議する。
3. 会則に定めのない詳細事項は、別途、細則とする。

▲ページ上へ

異業種交流会 東京ビジネス交流会 細則
東京ビジネス交流会は異業種による交流会である。

第1条 禁止事項
  本会は反社会的勢力の入会を認めない。
又政治、宗教、マルチビジネスの活動を禁止する。

第2条 世話人会
  本会には世話人をおき、日常的な運営は世話人会員による世話人会により運営する。
世話人は、世話人会の推薦若しくは会員の自己申告により、世話人会が認めた会員とする。

第3条 世話人の任期
  世話人の任期は原則2年とする。但し再選を妨げない。

第4条 議長団
  議長団は、世話人の中から互選により選出し、定例会毎に議長1名、書記1名をおく。

第5条 会計
1. 会費
本会の会員は、年2回4月と10月に各々15,000円とし、銀行口座より引き落とす。また、4月については、会費に併せ手帳代金を1,000円追加する。また、会費、懇親会費などの引き落としをする口座は入会後に東京ビジネス交流会の会計担当を通じて口座登録する必要がある。
2. 入会金
本会の入会金は手帳代、名札代などを含め 5,000円とする。
3. 監査
世話人会において、会計監査人を2名任命する。
会計監査人は、年1回以上の会計監査を行い、総会時に監査報告をする。監査で疑義がある場合会計監査人は即座に世話人会に報告する。
4. 専任者の選出と報酬
経理や資料作成、ホームページの維持管理など、各委員会にて作業困難な内容については世話人会の承認を得て専任者を選出できる。また、専任者には報酬を支払うことが出来る。金額や詳細に関しては世話人会にて決定すること。
5. 委員会活動への補助
各委員会に対してその活動において定額の補助金を払うことが出来る。金額や詳細に関しては 世話人会にて決定すること。

第6条 資格喪失
  世話人会は、以下の条項に該当する会員につき、資格喪失を決議することができる。
1)会費の未納
2)本会に多大な迷惑をかけた場合。

第7条 慶弔規定
1. 会員の結婚
祝い金10,000円を1回限り贈る。
2. 会員の死亡
金10,000円と生花、弔電を贈る。
3. 関係者死亡
一般常識で考え必要な場合は弔電を送り、その後世話人会へ報告する。

▲ページ上へ
著作権 © 異業種交流会 東京ビジネス交流会 / TBK